ハイライトは"Treat you the way you should be treated"


How I met your mother シーズン3【原題】Ten Sessions

Narator: That last session was the least painful of all. I savored every searing blast of that laser.

savor 楽しむ・味わう searing 焦がすような blast 衝撃

Stella: All done.

Narator: The moment I'd waited ten weeks for had arrived.

Ted: Stella...now that I'm no longer your patient, would you like to have dinner with me?

Stella: Ted, you're a really nice guy...

Ted: Oh, no.

Stella: It has been so great getting to know you.

Ted: I am gonna kill Marshall.

Stella: I've had so much fun these last ten weeks.

Ted: Oh, my God, this is worse than the laser.

Stella: I have a daughter.

Ted: What?

Stella: Her name's Lucy. She's eight. Work and being with her, that's pretty much my life. My social calendar is movie night with the girls once a month when I can get a sitter. I mean, I've been to one party in the past year... St. Paddy's Day... it was awful, I left early. But, really, my only free time is the two minutes I get for lunch, so... this is why I don't date. Ted, I only have time for one most important person in my life, and that's Lucy. Anyway, it's been fun. Next time, think before you ink. But if you ever do wake up with, like, a dolphin tattoo on your ankle, just give me a call.

Ted: There it is... she's a mom. It's just not gonna happen.

Marshall: Sorry, dude. Have a shrimp.

Ted: I'm good. I guess I got no one but myself to blame. She told me right from the start she was gonna say no and sure enough... Wait a minute.

Ted: You didn't actually say no.

Stella: What do you mean?

Ted: All this time you were, uh, you were supposed to say no, but you didn't... I checked the transcript. So, here's what I'm proposing. Uh... You only have two minutes, right?

Stella: Right.

Ted: Okay. You want to, uh... go on a a two-minute date with me?

Stella: Last two-minute date I had gave me a daughter. Um... Okay.

Ted: Great. And... go. Taxi!

Ranjit: Hello!

Stella: Ted, I seriously only have two minutes...

Ted: I know.

Stella: That's like 120 seconds.

Ted: 380 West 22nd, please. And step on it. We're in a hurry.

Stella: 380 West 22nd? That's...

Ted: Right this way.

Stella: Thank you, sir. You know, I have always wanted to try this place.

Waitress: House salad.

Ted: So, college?

Stella: Stanford.

Ted: Uh-huh. Wesleyan.

Stella: Oh, good. Do you know Adam Lazar?

Ted: No. Scott Crable?

Waitress: Eggplant parmesean.

Eggplant ナス

Ted: Thanks.

Stella: Oh, already cut up. Nice.

Ted: Could we get the check please. We're trying to make a movie in 15 seconds.

Waitress: Of course.

Ted: Okay, great. Uh, how do you want to do this? You had the eggplant parm. I only really had water so... I'm kidding. Oh. Okay. Let's go. Taxi! You nervous?

Stella: A little bit.

Ted: You can't tell at all.

Stella: Oh, good. Yeah.

Ranjit: Hello!

Ted: 384 West 22nd.

Stella: 15 seconds. The movie's started.

Ted: Nah, previews. We'll be fine. Ah! Just in time. It hasn't started yet.

Stella: So, what are we seeing?

Ted: Manos:Hands of Fate.

Stella: The whole thing?

Ted: Only the important parts. Worst movie ever.

Stella: Yeah, I almost walked out, like, five times.

Ted: How we doing on time? Taxi!

Stella: We got a little time.

Ted: Okay. Do you want to walk it?

Stella: Why not?

Ranjit: Hello! Good-bye!

Ted: So what grade's your daughter in?

Stella: Third grade.

Ted: Ah! That's a good year.

Stella: Yeah, she's wonderful. I just wish that I could get her to quit smoking, you know?

Ted: What?

Stella: I'm kidding.

Ted: Oh. Look, coffee and dessert?

Stella: You know, this neighborhood just keeps on changing. This used to be a cute, little Italian restaurant.

Ted: I know. New York. It's a living organism, an ever-changing tapestry. Ooh, look at the time. Let's go.

Stella: Mmm, the cheesecake's amazing.

Ted: Flowers?

Stella: I'm allergic.

Ted: Okay. See? We're getting to know each other. Stella, I had a lovely... Doggy bag? Stella, I had a lovely time.

Stella: Me, too, Ted.

Ted: And... date.

Stella: Huh?

Ted: That wasn't so bad, right? No lengthy, awkward silences. Dessert ran a little long, so... I had to cut the good-night kiss.

lengthy 非常に長い

Stella: I think I can be late just once. Ted...

Ted: Look, I would love to have a second date, I would. But I understand that you really don't have time right now, but if you ever do, will you give me a call?

Stella: Yes.

Ted: Okay.

Narator: And that, kids, is how you turn a "no" into a "yes."

Abby: All my friends told me, "Abby, be strong. He doesn't deserve another chance." But I forgive you!

Ted: No, no, no, no!

Abby:...then he just kept toying with my emotions.

toy もてあそぶ

Barney: Wow. This Ted guy sounds like a real jerk. You know your problem? You're too sweet.

Abby: Aren't you going to see the doctor about that mole?

Barney: Oh, yeah. Turns out it's just a Raisinet. Hey, how would you like me to take you out to a fancy restaurant and then go on a shopping spree? Treat you the way you should be treated. Would that make you forget about that Ted monster?

Abby: My mom was wrong. There are nice guys in New York.

Barney: We just have to go by my hotel room first. My bed was broken. I just have to make sure they fixed it.

Abby: Well, then if it's fixed, can we can have sex on it and then go shopping.

Barney: I like you.








ステラ・・・俺はもう君の患者じゃない、俺とディナーに行ってくれないか? テッド、あなたはホントにいい人よ。 ダメだ。 あなたのことを知ることは素晴らしいことだった。 マーシャルの奴を殺す。 この10週間とても楽しかった。 なんてこった、レーザーよりも悪い。 私には娘がいるの。 なに? 彼女の名前はルーシー。彼女は8歳よ。働きながら彼女を育てている。私の人生は満たされているの。私のソーシャルカレンダーは月に一回の女友達とのムービーナイトだけよ。私がシッターを頼むことができる。つまり、過去、あるパーティー行ったわ。セイントパティーズデイ・・・それだけだったわ。私はすぐに帰った。だけど、本当は、私のフリータイムはランチを取る2分だけよ。だから、これが私がデートできない理由よ。テッド、私には人生で最も大切な人がいてその人のためにだけ時間を使うの。そして、それはルーシーよ。楽しかったわ。次は、あなたがタトゥーをいれる前に考えて。だけど、もし、あなたが起きて、例えば、ドルフィンのタトゥーが足首にあったら、電話して。

これが理由だ。彼女はママなんだ。何も起こりえない。 すまん。エビを食べてくれ。 良いんだ。俺は運命の人を得られなかったんだ。だけど、自分自身を非難するよ。彼女は俺に最初から正しいことを言った。彼女はノーと言って十分に確認する・・・ちょっと待てよ。

君は実際はノーと言っていなかった。 どういう意味? 君がいた時間ずっと、君はノーとは言ってなかった。だけど、君は・・・俺はトランスクリプトをチェックした。だから、俺が提案することがここにある。君には2分あるんだよね? そうよ。 OK。俺と2分間のデートに出かけたくない? 私が私に娘を与えたのが最後の2分間のデートよ。OK。 よし。行こう。タクシー。

ハロー! テッド、私はホントに2分間しかないのよ・・・。 わかってる。 だいたい120秒よ。 わかってる。 120秒だ。 380 West 22ndに頼む。急いでるんだ。俺たちは急いでいる。 380 West 22nd?それって。

ここで。 ありがとう。ねえ、私はいつもここに挑戦してたの。 ハウスサラダ。 大学は? スタンフォード。 ウェズリアン。 アダム・レーザーを知ってる? いいや。スコット・クラブルは? エッグプラントパルメザン。 ありがとう。 切られてるわ。いいわね。 お会計をお願いします。俺たちは15秒の映画に挑戦しているんだ。 もちろんよ。 OK。グレート。これをどうしたい?君はエッグプラントパルメザンを食べた。俺は本当は水だけしか飲んでない。・・・冗談。OK。行こう。タクシー!ナーバスになってる? 少しだけ。 全く話してないよ。 楽しいわ。 ハロー! 384 West 22nd。 15秒。映画が始まった。 ノー、プレビュー。良いんだ。ぎりぎり間に合った。まだ始まってなかった。 それで、私たちは何も見るの。 Manos:Hands of Fate。 全部? 重要な部分だけ。最悪の映画だから。 ええ、私ほとんど出て行くところだった。5回くらい。 時間通りかな?タクシー。 もう少し時間があるわ。 OK。歩きたい? いいわね。 ハロー!グッバイ! 君の娘は何年生? 3年生よ。 良い年齢だ。 ええ、彼女は素晴らしいわ。私は彼女がタバコをやめることができるのを望むは、わかるでしょ? なに? 冗談よ。 見て、コーヒーとデザート? この近所は変り続けているの。これはキュートで小さなイタリアンレストランよ。 わかるよ。ニューヨークなんだ。生物で、タペストリーは変っている。時間だ。行こう。 チーズケーキは驚きよ。 フラワー? 私はアレルギーなの。 OK。見て?俺たちはお互いのことを分かってきている。ステラ、俺はラブリーなドギーバッグを持っていた。ステラ、俺はラブリータイムを過ごした。 私もよ、テッド。 そして・・・デート。 うん? 悪くなかった、でしょ?長くなくて、奇妙な沈黙もない。デザートランは少し長かった。だから、俺はお休みのキスはカットしなければならなかった。 私は、一度くらいなら遅れることができると思うの。テッド・・・。 ねえ、俺は2回目のデートをとてもしたい。だけど、俺は理解した。君が本当に今時間がない。だけど、君がまたしたくなったら、俺に電話くれないか? そうね。 OK。


私の友達みんなが私に言うの、アビー、強くなって。彼はほかのチャンスにふさわしくない。って。だけど、私はあなたを許すわ。 ノー。

彼は私の感情をもてあそび続けるの。 このテッドと言う男は、ホントに糞野郎のように聞こえる。君の問題がわかるかい?君はスウィートすぎるんだ。 ホクロをドクターに見てもらわないの? ああ。それは、Raisinetだってことがわかった。ヘイ、ファンシーレストランで俺に君を招待させてくれないか?そして、爆買いしに行こう。治療すべき方法で治療しよう。テッドモンスターのことを忘れさせてくれないか? 私のママが間違ってた。ニューヨークにもいい男性はいるのね。 まず俺のホテルルームに立ち寄らないといけないんだ。俺のベッドが壊れた。俺は彼らが直したか確認しないといけない。 もし直ってたら、私たちはそこでセックスることができるわ。それからショッピングに行きましょう。 君のことが好きだ。

今回の、ハイライトはTreat you the way you should be treated にしておく。