ハイライトは"This ought to be good"

ビラ

海外ドラマで英語リスニング学習中

How I met your mother シーズン2【原題】Stuff

Narator: Kids, the key to a good relationship is communication. You need to talk.

Robin: How about Mimi's?

Ted: Nah, I don't really feel like Mimi's.

Robin: Well, I'm hungry. Let's just pick a place and go.

Ted: Oh, you know where we should go? Cynthia's. You love that place, remember what a great time we had the last time we were there?

Robin: We did?

Ted: Yeah, yeah. We had that crazy waiter who kept going, "You two should get married! You two should get married!"

Narator: It's also important to know when to stop talking.

Ted: Come on. Then we stepped outside. It was raining. It was so romantic? How can you not remember this?

Robin: Because it wasn't me.

Ted: Oh, right! It was... my sister.

Narator: You see, by the time you've hit your late 20s, you've dated a few people, but when you're in a relationship, it's common courtesy to pretend that you haven't.

courtesy 礼儀

Ted: Oh, my God, Van Helsing is on. Remember when we went to see it? We sat in the back row.

in the back row 後列にいる

Robin: I've never seen Van Helsing.

Ted: That's right. I saw it with my sister.

Robin: My boss just got back from Maui. He said it was really romantic.

Ted: Oh, it's so romantic.

Robin: When were you in Maui?

Ted: I... went... with my sister.

Robin: With my sister. Why do you always say that? Look, we're not 16. We've both dated other people. It's silly to try to act like we didn't.

Ted: You're right. We should just be honest.

Robin: Totally.

Ted: See that girl over there? Three years ago, I totally made out with her.

Robin: I don't want to hear that.

Ted: What? You said...

Robin: God, that is so insensitive.

Ted: Remember honesty...?

Robin: You're a jerk!

Ted: Well, you're...confusing.

Marshall: Okay, so you have to have sex with one. Either classic mermaid; bottom half fish, top half human, or inverted mermaid, top half fish, bottom half human. Go!

inverted 反転した

Barney: I don't know. Is she fat?

Marshall: Yeah, but it's a fish, so it's the good kind of fat.

Lily: Hot off the presses!

Hot off the presses 新発売の

Barney: I-I don't take flyers.

flyers チラシ ビラ

Marshall: You took one two seconds before you walked in here.

Barney: That's different. It was for a strip club. Two bucks off wings. How much is your flyer going to save me on wings?

Lily: Fine. It's a flyer from my play.

Barney: Oh, Lily, I'd love to, but we're not in college and I'm not trying to sleep with you. So anyway, this mermaid...

Marshall: Hey, Lily's friend asked her to be in this play, and it's gonna be really good.

Barney: Lily, I love you, but we're too old for this. Asking someone to come see your play is like asking someone for a ride to the airport or to crash on your couch or to help you move. Call a cab, book a room, hire some movers and repeat after me. Friends don't let friends come see their crappy play.

Can I crash on your couch tonight? 今夜、オマエのカウチで寝ていいか?

Ted: Okay, first of all, I've thought about it and top half fish. Second of all, we need you guys to decide something for us.

Barney: Yes, you should break up.

Ted: So, earlier tonight...

Robin: Mm, we should get down to the bar.

get down to 本腰を入れて取り掛かる

Ted: I know we should, but you just look so sexy in my red sweatshirt.

Barney: Oh, God, why is this part of the story?

Ted: We're getting to it.

Robin: Damn, my face is so dry. Is there any moisturizer around here?

Ted: Yeah, there's some in the bathroom. Got to moisturize! Got to keep that pretty face moist.

Lily: Oh, no, no, no, no, no, no!

Barney: What's wrong with her?

Marshall: She hates that word.

Barney: What word, "moist"?

Lily: No! Seriously, stop!

Robin: So, anyway, Ted goes into the bathroom to get the moist... face lotion...

Robin: Wow, this is great stuff. Now I know the secret to your great complexion.

complexion 顔色

Ted: What are you talking about? It's yours.

Robin: No, it's not.

Ted: Oh, well... then I guess it's Lily's.

Lily: No, it's not.

Robin: Whose moisturizer is this, Ted?

Ted: Um, my sister's.

Robin: So, in other words, some girl you went out with.

Ted: Um... I love you.

Robin: Disgusting. You let me put on the same moisturizer as one of your exes?

Disgusting 汚らわしい

Lily: It was probably Carla's. Her face was a train wreck.

train wreck 大惨事

Marshall: I'm don't think Ted was dating her for her face.

Ted: Thank you, Marshall. Thank you so much.

Robin: Why is that still in your apartment?

Ted: I don't know. I just never threw it out.

Robin: Well, why not? Do you still have feelings for this girl?

Ted: Yeah. I'm madly in love with her, and the only way I can deal with it is by holding onto a three-dollar tube of lotion.

madly in love with に猛烈に恋してる

Robin: Not three dollars! Try 14.

Ted: Why is this such a big deal?

Robin: Because I don't want to use some whore's moisturizer!

Ted: Whoa, she wasn't a whore.

whore 売春婦

Robin: Well, she's leaving expensive lotions all over town. It sounds like a whore to me. What else do you have from old girlfriends just lying around?

Ted: Nothing. That's it. Well, except for the phone booth. And the lamp by the desk... and the...

Robin: No. No! No! Oh, Ted!

演劇

訳せるけど

聞き取れない

状況変わらず、時間をかけて訳せば理解できるけど、会話の速度で理解できない。

子供たちよ、良い恋愛関係を続ける鍵は、コミュニケーションなんだ。話す必要がある。
Mimi'sはどう?
Mimi's気分じゃない。
お腹が減ったから場所決めていきましょう。
どこに行くか決まった?Cynthia's。君あそこ好きだよね、最後にあそこに行って楽しかったときのこと思い出した。
私たち行ったっけ?
ああ、クレイジーなウェイターが言い続けてたじゃないか。”君たち二人は結婚すべきだ”って。

話を辞める時を察するのも重要なことです。

外に出て、雨が降ってて。ロマンティックだったろ?どうして覚えてないんだよ。
それ私じゃないわよ。
そうだ。俺の・・・妹だった。

20代の後半までに何人かとデートをしていて、君たちが恋愛中の時、経験していないふりをするのは礼儀なんだ。

なんてこった、Van Helsingやってるじゃん。見に行った時のこと覚えてる?後ろの方の席に座った。
私、Van Helsing見たことないわ。
そのとおり。俺は妹見たんだ。
私の上司がマウイから帰ってきたの。ホントにロマンティックなところだと言ってた。
そうなんだロマンティックなんだ。
マウイにいつ行ったの?
妹と行った。
妹と。いつもどうしてそう言うの?私たち16歳じゃないのよ。私たちはお互いに他の人とデートしたことがあるわ。他の人とデートしたことがないようにふるまおうとするのは馬鹿げてるわ。
その通り。正直にいこう。
そうよ。

向こうにいる娘見える?3年前、俺彼女とデートした。
そんなこと聞きたくない。
なに?だって・・・。
どうしてそんなに無神経なの。
正直にいこうって話したよね・・・?
バカ!
混乱してるね。

OK、お前はそれとセックスしないとな。クラシックマーメイドで、下半身が魚で、上半身が人間。それか、真逆のマーメイド。上半身が魚で、下半身が人間。
わからないな。彼女は太ってる?
ああ、だけど、魚だ。魚らしく太ってる。
最新作よ。
俺はビラを手に取らない。
ここに歩いてくる前に1、2秒かかってただろ。
あれは違う。ストリップクラブのだ。2ドルオフになる。そのビラは俺にどれだけ浮かせてくれるんだ?
そうね。これは私の演劇のビラよ。
Oh、リリー。気に入ってるんだけど、俺たちは大学生じゃないんだ。お前たちと一緒に居眠りを試さない。ところで、このマーメイドは・・・。
ヘイ、リリーの友達がリリーにこの演劇に出演してもらえないかって言ってきたんだ。楽しくなるぞ。
リリー、お前のこと好きだけど、俺たちはこれを見るには年をとりすぎた。お前の演劇を見に来るようにお願いするってことは、空港への乗車を求めたり、ソファーで寝て良いか尋ねたり、移動を助けるのをお願いするようなものだ。タクシーを読んだり、部屋を予約したり、ハイヤーを呼んだり。復唱しろ。友達は、友達に下手な演技を見に来させません。
OK、まず最初に、俺は考えた。上半身魚だ。2つ目に、俺たちはお前たちに俺たちのための何かを決心させる必要がある。
よし、解散しよう。
今晩早くに。

バーに行きましょう。
ああそうすべきなんだけど、俺のレッドスウェットシャツを着てセクシーに見えるよ。

なぜこの物語の一部なんだ?
俺たちはそこに行きついたんだ。
私の顔凄く乾燥してる。モイスチャライザーどこかにないかしら?
ああ、バスルームにあるぞ。モイスチャライザーを取りに行こう!かわいい顔に潤いを与えよう。

Oh、ノー、ノー、ノー、ノー、ノー!
あいつに何が起こってんだ?
リリーはその言葉嫌いだぞ。
その言葉って、モイスト?
ノー!ホントやめて。
テッドがバスルームにモイストファイスローション取りに行ったわよ。

これすごくいいわね。あなたの顔色の秘密がわかったわ。
何のこと言ってんだ?このお前のだぞ。
これ私のじゃないわ。
それじゃあ、リリーのか。

私のじゃないわ。
これ誰のモイスチャーよ。テッド?
俺の妹。
言い換えれば、誰かほかの女の子のってことね。
愛してるよ。
汚らわしい。あなたは私に分かれた彼女のモイスチャーと同じものを使わせたのね。

たぶん、カーラのね。彼女の顔はすごくボロボロだった。
ありがとう、マーシャル。

どうしてまだあなたのアパートにあるのよ?
わからない。俺が捨てなかったから。
どうして?この娘のことまだ思ってるから?
ああ。俺は彼女に夢中なんだ。そして、俺がそれに対処できる唯一の方法は、3ドルのローションチューブをつかむことなんだ。
3ドルじゃないわ。14ドルはするわ。
どうしてこんなことが重要なんだ?
誰かのモイスチャライザーなんか使いたくない。
彼女は売春婦じゃなかった。
彼女は高価なローションを置いて行ってるの。私には売春婦のように思えるわ。昔の彼女のものが他にも転がってない?
ない。これだけ。電話ボックスを除いてね。それと、デスクのそばのランプ。それと。
もういい!テッド!

今回の、ハイライトはThis ought to be good にしておく。